思春期のくせ毛の悩み

私は、小学生の時までは比較的髪の毛にクセがなく癖毛で悩むことがありませんでした。しかし中学に上がって髪の毛に癖が出るようになりました。その上見た目を意識する年頃で、毎日のように隠れてヘアアイロンで毎日くせ毛であることを隠していました。

ノ・アルフレを使った私の口コミ!感想から解約方法まで全て暴露

しかし、夏場やブールの授業などで、汗や水に濡れるなどをしてくせ毛が出てきてしまってとても悩みました。しかもボリューミーになってしまうくせの出方でおしゃれなパーマ風な髪型に持って行くことができずにかなり悩んだ経験があります。そのため縮毛強制をかけて無理やりストレートにしていたりしました。

しかし、こんなにもストレートヘアーにこだわっていたのは中学生までで高校生になると、自分の髪質をうまく生かした髪型にできなか考えるようになりました。

髪の毛も体の一部であり、その髪の毛のくせも自分の個性の一つに含まれます。だから、変にストレートヘアーにこだわること必要がないと個人的に思いました。また髪の毛のスタイルの流行は時代とともに変遷して行くので、あまり固執してしまうと視野がかなり狭まってしまいます。髪型や髪色が少し変わるだけでもかなり印象が変わってくるので、その自分のイメージチェンジをする機会もなくなってしまうので、自分の髪質も大切にするべきだと思います。