肌のくすみ、肝斑

40歳に突入し、鏡にうつる自分を見るのが嫌いになりました。若い頃は肌トラブルとは無縁で、ニキビなども出来ることなく、スキンケアに力を入れず現在に至ります。若い頃は海に日焼けをしに出かけたり、日焼けサロンに行って肌を焼いたりしていました。

モイスポイントを3ヶ月間使った効果

結婚してからは子育てに追われ、日々のスキンケアに時間を取る事が出来ず、自分の顔をじっくりと鏡で見る時間も取れない生活を送っていました。子育てが少し落ち着いた今、自分の肌のくすみ、シワ、たるみ、肝斑がとても気になる様になりました。中でも一番気になるのは肝斑です。

私の場合、肝斑が頬ではなく、鼻の下に髭の様にあります。初めは産毛が伸びているのかと思い、剃刀で剃ったりしたのですが、産毛のせいではなく、肝斑でした。気になると人と会話をする時に、相手の視線が鼻の下にあるように思えて、その事が気になってしまい、会話に集中する事が出来ない事が多々あります。

コロナ禍の今、マスクが当たり前になり、私にとってはマスクで肝斑を隠せるので好都合です。マスクを外した生活が戻ったらまた人と会うときに気にしなければならないのが今から憂鬱です。一度皮膚科で見てもらいましたが、数か月継続しての治療が必要な事、処方される化粧品が高額な事から、なかなか治療に踏み込めないのが現状です。

もっと若い時からきちんと自分自身の肌と向き合い、スキンケアに力を入れていれば良かったと思う日々です。