あごニキビを解消するためにしていること

あごニキビを解消するためにしていることを三つ挙げてみたいと思います。私が実践しているのは、触らないことと、胃腸にやさしい食事をすること、ビタミンCを塗るということです。ニキビを手で触ると雑菌がついて、ニキビが悪化しやすくなります。膿があるニキビの場合、ニキビをつぶしてしまうと跡が残ってしまうこともあります。炎症を広げたり化膿させたりしないように、まずニキビを触らないように気をつけています。

セシュレルを3ヶ月使ったレポート

また、胃腸に優しい食事をするようにも心がけています。口周りにできるニキビは、胃腸の荒れが原因になっている場合が多いです。辛いものやコーヒーなど、刺激の強いものは避けるようにしています。温かいものや柔らかいもの、薄味のものを食べるようにしていると、ニキビの治りも早くなる気がしています。さらにニキビの炎症を抑えるために、ビタミンCが配合された化粧品を使用するようにしています。

ビタミンCには炎症を抑える効果もあると言われています。私は美容液タイプのビタミンCを朝晩のスキンケアの際に塗っています。ビタミンC配合の化粧水もありますが、美容液の方が濃度が高いことが多いです。ニキビができた時には、ビタミンC配合の化粧品を使用し鎮静させるようにしています。以上三つがあごニキビを解消するためにしていることです。