私をコンプレックスから救った蕎麦ダイエット

今まで幾度となくダイエットに失敗し続けていた私ですが、
何故、ダイエットが上手くいかなかったのか?
それは、ダイエットに成功しても結局リバウンドすることが多かったからです。

http://kulti-kids.org/

いわゆるダイエットといえばすぐに思いつく「カロリー制限」によるダイエットは
基本的にキツイので、ダイエットが成功し始めると
「今週は頑張ったから今日だけスイーツ」など、少しずつ自分で決めたルールを守らないということを
始めてしまいます。
そうするとどんどんゆるくなっていき、体重計に乗るのが怖くなってしまいには乗らなくなり
気が付けば、また太ってきた気がして勇気を出して体重計に乗ってみると
リバウンドに気が付くという繰り返しでした。

しかし、今回蕎麦を主食にするダイエットに挑戦してみてからは
リバウンドせずにすみました。

そばはGI値が低く、血糖値が急上昇しないので
糖質制限ダイエットに向いています。
糖質制限は、カロリー制限と違って糖質を制限するので
食べる量は制限されません。

食べてもいいものを好きなだけ食べれますし
基本的にタンパク質を主食にするので
お腹が満たされず辛い思いもしません。

この蕎麦を主食に使ったダイエットをしてからは
自然と体質と食の好みが変わりました。
太っていたころの食事が受け付けなくなり、
ダイエットを開始し始めてからの食事の方が好きになったため
ダイエットを成功させることができました。

蕎麦ダイエット、お勧めです。

腋臭がやはり気になること

匂いといえばやはりワキガが気になるという人が多いでしょうが、そもそもどうしてワキガなんて発生するのかということから考えると意外と対策は簡単にできたりします。

http://firstontarioshrimp.com/

まず、汗ですが、汗腺という汗を分泌する管から出ることになります。それ自体は問題がないと言うか体温調整のためにはとても重要なことなので悪くないです。

そして、汗腺には種類があるのです。それがアポクリン腺とエクリン腺というものであり、この内、アポクリン汗腺というところからはワキガの原因となるような汗が出るようになっています。ワキガはアポクリン腺から分泌される汗が原因ですから、これをどうにかする必要性がありますが、それは食生活とか或いは寝不足とかその他いろいろなストレス、そして最も肝心のも言えるのが脇の下が不衛生であるということなどによって起きることになりますので脇の清潔というのを気をつけた上で、食生活などにも気をつけるようにしましょう。

これだけでも意外なほどワキガの匂いというのは改善できるケアができます。どうしても体質に左右されるようなことでもありますから、言い方は悪いでずかある程度は諦めが肝心ですがケアによってはだいぶ改善できることでしょう。

髪の毛トラブル体験記

20代までは、おでこは広いけど人より髪の毛の量が多くて剛毛でした。
しかもくせ毛で癖が強く、髪の毛をセットするにも大変で直ぐにクルリとしてしまいました。
ドライヤーで乾かす時には、前髪を引っ張りながら乾かし、自分なりではありますが、なるべく真っ直ぐになるように伸ばしながら乾かしていた記憶があります。

Fasa(ファーサ)育毛剤を使用した効果

またフケ症で抜け毛が多かった記憶があります。
シャンプーも高いシャンプーを購入し、一時期髪の毛が真っ直ぐになったように感じました。
自分は同じシャンプーを使用するのが苦手なため色々試しました。

30代になると、仕事のストレスかわかりませんが、側面に白髪が目立ち初めました。
30代なのに人より真っ白。
よく白髪染めをしていました。
前頭部にも白髪がチラホラし初め、剃り込み部分は少しずつ髪の毛がM字に後退しているのに気付きました。
育毛剤を購入し付けていました。
20代に買ったような高いシャンプーは家族を持ったせいか料金が高くて買えません。
なので市販の無添加シャンプーをよく買っていました。

40代になり、白髪はあまり人目を気にしなくなって来ましたが、子供の学校イベントなどで若く見せたいが為、白髪染めをする程度になりました。
また前頭部のM字後退が進行し、薄毛になって来ました。
このままでは行けないと思い、今では育毛剤は使用してはいませんが、頭皮を良くする為、無添加シャンプーは引き続き使用しています。
インターネットで調べて、薄毛改善に効果があると噂があるノコギリヤシのサプリメントを服用をしています。
効果が出るのに期待しています。
何とか薄毛を改善出来ればと思っています。

健康診断でOKのより健康的なダイエットが大切!

ダイエットをする場合、体重計はとても気になります。しかし最近、体重計以外でも気にしたほうが良いことがあることに気が付きました。

http://www.taverneduconnetable.com/

もちろん体重が減っていくからダイエットをしている気持ちになれるのですが、体重が減ればそれでいいのかというとそうではなく、健康は維持しつつ美しい体系を目指すことがやっぱり大切だと思います。体重だけが減っても、健康的に痩せされていなければそのダイエットは成功とはいえないと思います。

例えば、健康診断があった時に、貧血となってしまったらダイエットをしても健康的に痩せられたとはいいがたいです。運動を組み合わせて健康的に痩せられているつもりでも、貧血で治療が必要ということになるとそのダイエットは見直しが必要なのです。コレステロール値も下がり、体重もいい感じであっても健康診断でチェックが入るようなら、根本的に痩せるということに対する考え方を変えていかないといけないと思います。

貧血を防ぐような栄養素を摂りながらダイエットをすれば、痩せられますし体ももっと健康になりますので一石二鳥です。そのため、試してみたいダイエットは貧血にならないダイエット方法で、食事の栄養バランスまで考えたダイエット法です。

紫外線対策には、日焼け止めが重要です。

日焼けをしたくない女性はとても多いと思います。
年齢を重ねると、日焼けでシミ、そばかすが出やすくなったりと悩みの1つでもあります。
女性の皆さんは「いつまでも美しい肌を保ちたい」と願っていると思われますので、紫外線からお肌を保護する対策をご紹介致します。

http://seriestemporales-ieo.com/

紫外線対策は、年間を通して行う事が必要です。
紫外線量が1番多いと言われているのは5月ですが、冬でもその半分から3分の1の紫外線量があります。
日焼け止めの選び方は、SPFは肌を赤くしてしまう紫外線を防ぐ大きさを表しています。PAは肌をすぐに黒くするのを防ぎます。
PA+~PA++++までの4段階で、+が多いほど紫外線を防ぐことが期待されます。

SPF30、PA+++の顔用日焼け止めクリームは肌がデリケートの方にお勧めです。
SPF50、PA++++は汗や水にも強く顔やボディにも使用出来るウォータープルータイプです。
また、日傘・帽子・サングラスを使うことによって肌や目を紫外線から守ることが出来ます。

以上で紫外線対策でした。
紫外線のダメージは蓄積されていき、忘れた頃にシミやそばかすになることがありますので、自分の肌を守るためにも上記のような対策を参考にしていただけたらと思います。